に投稿 コメントを残す

出張型風俗の為のラブホガイド♪

【ラブホテル(ラブホ)の利用方法】

先日から紹介している性感マッサージの出張サービスや風俗の主流のデリヘルで利用するホテルを探している人の為に、
ラブホテルを利用したことがない人のために、ラブホテルの利用方法にについて簡単に解説します。

ラブホテルは、利用曜日、利用時間、チェックイン時間によって様々な料金体系が設定されています。また、ホテルによって夜は休憩は受け付けていなく
宿泊に扱いになるホテルも多くあります。
分かりずらければフロントで質問すると丁寧に教えてくれますので、デリヘルで利用する前に心配であれば料金体系を調べておくとよいでしょう。
参考までに一般的なラブホは次のような料金体系となっていることが多いです。

《料金体系》

・ショートステイ
2~4時間 – 4,000円~8,000円

・サービスタイム
6時~16時頃 – 4,000円~8,000円
13時~20時頃 – 4,000円~8,000円
17時~23時頃 – 4,000円~8,000円

・宿泊
20時~翌11時頃 – 8,000円~15,000円
0時~翌13時頃 – 8,000円~15,000円

ショートステイは 一般的に「休憩」とも呼ばれます。
サービスタイムは 一般的に「フリータイム」とも呼ばれます。

性感マッサージやデリヘルでは宿泊利用することは無いので、ショートステイかサービスタイムでの利用になると思います。
ショートステイはサービスタイムが利用できない場合の選択肢となります。
大抵のラブホテルはビジネスホテルなどと同じようにグレード別の部屋を設けていて、部屋のクラスによって価格帯設定がされています。
とは言っても、同じホテルでは一部の特別室を以外さほど大差が無いので、安い部屋にしても問題はありません。

また、最近ではラブホテルもいろいろなサービスがあります、温泉が出たり、ジャグジーがあったり、入浴剤が沢山の中から選べたり、
部屋がすごくおしゃれなラグジュアリーだったり、いろいろ使ってみて女の子が喜ぶホテルを探すのも楽しいかもしれませんね。

《利用方法》

利用方法はホテルによって違いますが、たいていの場合

1、客室案内板の写真を見て空いている部屋の中から好きな部屋を選びボタンを押します。(ここで料金も確認できるので、部屋えらびの参考にしましょう)
2、有人フロントの場合は鍵を受け取り料金を先払いすることが多いです。
無人の場合は直接部屋へ向かい入ります。
注)無人の場合は、部屋に入ると自動的にロックがかかり、清算するまで中から鍵を空けることができない場合があります。
困ったことがあればフロントに電話で連絡すれば大丈夫です。
電話の近くにフロント番号があります。大抵9番のことが多いです。
3.時間内で楽しみます。
無人の場合は退出時に清算をします。
有人の場合はカギをフロントに返却します。

大まかにはこのような流れになっています。
繁華街には風俗もラブホテルは沢山ありますその日のお財布事情で風俗の選択をするのも良いかも知れませんね。
特に鶯谷はラブホ街が有名です。
ラブホを使って出張型風俗を楽しむなら、ラブホで有名な鶯谷がピッタリ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です